ボディージュエリーとダイヤモンドタトゥーの違いとは?

0355

「ボディージュエリー」と「ダイヤモンドタトゥー」は別のものなのですか?

というご質問をいただくことがあります。

 

こちら結論からお伝えすると、

呼び名は違いますが、同じ施術のボディアートになります。

どちらもお肌専用のグルー(のり)を使用し、グリッター(ラメパウダー)を使用し描いていくアートになります。

img_5214

なぜ、呼び名が違うのか?

元々は、「ダイヤモンドタトゥー」と呼ばれていたのですが、タトゥーという言葉が入っているので、取れないアートと勘違いをされる事も多く、なかなか広まりませんでした。

そこで、もう1つのネーミングである「ボディージュエリー」という名を使うようになりました。

エレガントな名前に生まれ変わり、デザインもエレガントなものが増えて、だんだんと認知度が上がってきています。

 

以前は、下記のようにタトゥーのデザインを、そのままラメパウダーで施術するというものがほとんどで、エレガントさや

可愛らしさがありませんでした(;’∀’)

467034

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディジュエリーという名前は、もとは「ボディピアス」がそう呼ばれていました。

下記のような、ボディ用のピアスのことです。

 

今では「ボディジュエリーアート」の方が認知度が上がり、ボディジュエリーと言えば、ラメパウダーを使用してお肌に描くボディアートがメジャーになっています。

thumb_img_6376_1024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドタトゥー以外にも、

・ラースティングタトゥー

・レインボータトゥー

などとも呼ばれています。

こちらも、施術方法は同じになります。

img_0506

 

まとめ

ボディージュエリーとダイヤモンドタトゥー、呼び名は異なりますが、施術自体は同じものになります。

タトゥーという文字が入っていますが、アートはいつでもオフすることができるボディアートになります。

施術に痛みもありませんので、ぜひアートしてみてください(^^)

 

img_2366

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*