ボディジュエリー初心者さんがつまずきやすいアートの4つのポイント

DSC_9449

初心者さんが、ボディジュエリーアートを初めてアートする際につまずきやすいところを
解説していきたいと思います(^^)

これからアートに挑戦する方、何度かアートしてみたけど上手くいかない方ぜひ参考にしてみて
ください。

 

アート前の準備

 

ボディジュエリーアートを施す前にはしっかりとした、準備が必要です。

ネイルサロンでも、施術前に必ずケアから入りますよね♪

ボディジュエリーも同じで、まずは施術の準備からスタートします。

ボディジュエリーに必要な、施術前の準備から見ていきましょう(^^)

 

ムダ毛の処理

060902fef5103fa6f106220f71958624_s

 

 

 

 

 

 

ボディジュエリーアートは、お肌専用グルーを塗り、その上にラメパウダーを乗せて
いくアートです。

ムダ毛があると、毛にもグルーやラメパウダーが付き、完成したアートの
デザインの中に、毛がピンピンと立っている状況になって仕上がってしまいます(^^;

また、その毛が気になり引っ張ってしまうと、アートが剥がれてしまう原因にも
なります。

アート前には必ずムダ毛の処理をして、つるつるのお肌にしてからアートを
していってください。

 

油分をしっかりとオフしておく

228eb235fd376abd25bc567f828701ed_s

 

 

 

 

 

 

油分=ボディオイルや日焼け止めの事になります。

オイル系のものがお肌にある上からアートを施すと油分でグルーの
つきが悪くなり、アートが剥がれやすくなります。

お肌に油分がない状態でアートをしていって下さい。

 

ステンシルの貼り方

お肌にしっかりと密着させて貼るのがポイント

img_9854

 

 

 

 

 

 

 

ステンシルをお肌に貼る際に、浮いている部分があるとそこにグルーが入りこんでしまい、デザインが崩れてしまいます。

ステンシルをお肌に貼ったら、しっかりと押さえてお肌にしっかりと密着させて下さい。

上腕などに、大き目のステンシルのアートをする場合、曲がっている箇所になる
ので、かなりステンシルが浮いてしまいます。

下の写真のように、ステンシルの角をカットし、出来るだけお肌に沿いやすい状態にしてから、
お肌に貼っていきましょう。

img_5394

 

グルーの厚みと塗り方

細かい部分にまでしっかりと漏れがないように塗る

img_9870

 

 

ステンシルの細かいデザインの部分は、グルーを塗っているつもりでも角の部分が塗れておらず、アートが完成すると角が欠けてしまっている場合があります。

角の部分にもしっかりとグルーを入れて、デザイン全体に欠けがないようにグルーを
入れていきましょう。

 

グルーの厚みを意識して塗る

img_8531

 

 

グルーは、しっかりと厚みをつけて塗っていきましょう。薄塗りだと維持期間が短くなってしまいます。

目安は、乳白色が出るぐらいの厚みです。 

グリッターの量と厚み

グリッターの量が少ないと・・・

グリッターの量と厚みの質問もよくいただきます。

グリッターの量が少ないと、密度が弱くなりアートに隙間が出来てしまいます。

結果、お肌が少し透けて仕上がってしまうので、アートがくっきりと仕上がりません・・・

「少し多いかな?」と思うぐらいのグリッターを乗せて、ちょうど良い量に
なります。

お肌が透けたり、グルー・グリッターが乗っていない箇所が無いように、
グルー・グリッター共にしっかりと入れてアートを完成させてください(^^)

ボディジュエリー転写のやり方《動画付》

【まとめ】

今回は、ボディジュエリー初心者さんがつまずきやすいアートの4つのポイントの
解説をさせていただきました。

アート前の準備から、グルー・グリッターの扱い方法参考にしていただけたらと思います。

1回目から、きれいにアートするのは難しいので、何度かチャレンジしていただきコツを掴ん
でいってくださいね。

最初にアートするのは、ご自身の腕(肘より下の部分)が一番やりやすいのでオススメです(^^)

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*