ボディジュエリー転写のやり方《動画付》

ボディジュエリーアートをするには、ステンシル法・転写法・フリーハンドの3つの方法があります。

本日は、絵が苦手な方にも簡単にイラストをお肌に写すことできる転写法をご紹介いたします。

2014-11-11-14-29-39

転写法とは?

ボディジュエリーアートを施していく際に、お肌にデザインを写す方法のことです。

 

転写法の手順

①アートしたいデザインを選びます。

アート箇所が決まったら、アートの方向や角度なども事前に決めておきましょう。

デザインは予め用意したトナー式コピーで転写したものを使います。

img_8134

 

②転写する際にずれないように、デザインにサージカルテープもしくはマスキングテープを貼り準備をします。

img_8144

 

③お肌の決めた箇所にデザインを貼ります。

浮いていると転写がうまく出来ないので、しっかりとお肌に沿うように貼りましょう。

img_8145

 

④転写液を付けたコットンで押さえます。

何度も抑えたり擦りすぎると、二重になってしまうのであまり多く抑えすぎないように!

img_8147

 

⑤デザインが写っているか確認をしながら、ゆっくりデザインをはがします。

img_8149

 

⑥きれいに転写できました!

img_8151

 

 

《ボディジュエリー転写法動画》

 

デザインがお肌に写れば、あとはそのラインを目安にアートをしてくことができますね。

プロの技術として必須の「転写法」ぜひマスターしてください。

 

img_8297

 

◇関連記事◇

アートの方法については、下記の記事に詳しく掲載をさせていただいておりますので、合わせてご覧ください。

「お肌をキャンパスに!」ボディージュエリーのやり方5つの手順

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*