ボディージュエリー資格

Pocket

知りたい!ボディジュエリストの収入

2016.06.02-sejyutsu_021

ボディジュエリストの収入は、どのくらいでしょうか?

これからボディジュエリストを目指す人にとって、気になる部分だと思います。

今日は、ボディジュエリストの収入の部分に「スポット」を当ててお伝えしてきます。

 

▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

 

副業スタイルとしてスタートする場合

 

2012.4.18プロコース撮影写真 018

現在、OLやパートなどのお仕事をしておられる場合は、週末やお仕事のお休みを利用して活動する「副業スタイル」でスタートをされる方が多いです。

副業の場合は、出張でのアートやイベント出店、またレンタルサロンを借りての施術をする形で活動を行うことが出来ます。

では、副業スタイルで始めた場合の収入を見ていきましょう。

 

◆第一週目◆

週末の日曜日イベントに出店

_DSC8514

ボディジュエリーブースへ来ていただいたお客様に、チラシを配布し出張アートのご案内を配布し今後につなげる。

【売上】

500円×15人=7,500円

 

◆第二週目◆

知り合いの美容室にボディジュエリーのチラシを置いてもらい、そこから2名様のご予約が入る。

0369

【売上】

4,000円×1人=4,000円

3,000円×1人=3,000円

合計:7,000円

 

◆第三週目◆

ブログを見て下さった方から、ウエディングボディジュエリーのご予約。

ウエディングの前日に、ご自宅にてアート。

2012.4.18プロコース撮影写真 147

【売上】

15,000円×1人=15,000円

 

◆第四週目◆

友人とその仲間からご予約で出張アート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【売上】

2,000円×1人=2,000円

3,000円×1人=3,000円

合計:5,000円

 

IMG_2133

【月間売上】

34,500円

 

自宅サロンを開業する場合

◆第一週目◆

ママ友グループ5人とその子供たちから、ハロウィンアートのご予約。

IMG_6356

【売上】

500円×5人=2,500円

1,000円×5人=5,000円

合計:7,500円

 

チラシからワンポイントアートのご予約をいただく。

DSC_9448

【売上】

1,200円×1人=1,200円

 

◆第二週目◆

SNSからマタニティボディジュエリーのお問い合わせがあり、ご予約。

thumb_IMG_6358_1024

【売上】

15,000円×1人=15,000円

 

知人から、ハロウィンアートの予約をもらう。

第二回ミクシィワンコインイベント (30)

【売上】

3,500円×1人=3,500円

 

◆第三週目◆

近所のマルシェに2日間出店。イニシャルアートが人気!

IMG_8417

【売上】

500円×15人=7,500円

1,000円×8=8,000円
提携先の結婚式場から、ブライダルボディジュエリーのご予約をいただく。

IMG_1920

【売上】

18,000円×1人=18,000円

◆第四週目◆

ベリーダンスの発表会用の、ボディジュエリーのご予約をグループでいただく。

img_8693

【売上】

2,000円×5人=10,000円

2012.4.18プロコース撮影写真 221

【月間売上】

70,700円

 

既存のサロンにボディジュエリーを導入する場合

現在すでにネイルサロンやエステサロンまた美容室などを経営されておられる場合、もしくはそちらに務めておられる場合はプラスアルファのメニューに加えていただけます。

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

1日の来客数が、10名の場合で3名のお客様がプラスアルファでボディジュエリーの施術をしてくださった場合。

・2,000円のワンポイントアート:1名様

・3000円の名刺サイズのアート:1名様

・5,000円のパーティ用アート:1名様

合計一日売上:10,000円

★来客数や営業日の日数や売上単価により、異なります。

2014-11-11 15.22.30

まとめ

ボディジュエリーのお仕事は、色々なスタイルでスタートすることができます。

お仕事をしながらボディジュエリーを学び、まずは週末起業からのスタート。

また、子育てをしながらスキマ時間に自宅サロンでお仕事をすることもできます。

その後軌道に乗ったらサロン開業に結びつけたり、引き続き自分に合った副業で続けていくことも可能です。

ぜひ自分に合ったスタイルを探し、収入を得れるスタイルを確立してください。

2014-11-11 14.30.07

Pocket

気になるボディーアート資格4選

2016.06.02-sejyutsu_037

 ▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

 

ボディーアートの資格には、どんな種類があるのか?

マットなアートから、キラキラアートまで多数あるボディーアート資格の受講期間や料金などをまとめました。

ボディーアート

 

ボディアートとは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ボディアート(Body art)とは、人体を媒体に使った芸術のことである。

身体の表面に描くもの、身体を加工・改造するもの、身体で表現するもの、身体を構成要素の一部とするものなどが含まれる。

簡単に言うと、身体の表面に描くボディペイントです。

 

ボディーアートの種類と資格

 

①ボディジュエリー

お肌専用のりとラメパウダーを使用し、キラキラのラメパウダーで施術を行うアートです。

IMG_2471

ボディジュエリーの特徴は、お色を重ねてグラデーション技術を使い美しいアートを表現できるところです。

お水につけてもアートがとれてしまう事はなく、約1週間ぐらいアートを維持することができます。

 

▼「ボディジュエリーとは」の動画はこちら

資格の取得方法ですが、現在国家資格はなく協会や民間のスクールで取得できます。

1DAYスクール(6時間前後)が主流で、受講料金は、道具付きで10~20万円ぐらいのスクールが多いです。

 

◆おすすめの関連記事◆

ボディージュエリーの資格について知っておきたい3つのこと

 

②エアブラシ

エアーブラシボディーアートとは、コンプレッサー、ハンドピースなどと呼ばれる専用の道具を使用し安全性の高いボディー用に開発されたカラーをお肌に吹き付けてアートする施術法です。

エアブラシ
出典:http://www.sumiyoshitaisha.com/

カラーを重ねたり、混ぜたりすることによって「多色カラー」 「グラデーション」を表現することができます。

水や汗に大変強いため一度アートを施しますと3日~5日前後ボディーアートを お楽しみ頂けます。

エアブラシの特徴は、柔らかい雰囲気のエレガントなアートを表現できるところです。

 

▼施術の動画はこちら

肌色のインクを使い、タトゥカバーの施術をすることも可能です。

 

エアブラシアートをするには、コンプレッサーという道具が必要になります。

やや大きめの道具になり、電源が必要な機種も多くなります。

▼コンプレッサー

 

 

資格の取得方法ですが、現在国家資格はなく協会や民間のスクールで取得できます。

1DAYスクール(4時間~6時間前後)が主流で、受講料金は、道具付きで10~20万円ぐらいのスクールが多いです。

 

③ベリーペイント

ベリーペイントとは、これから生まれてくる赤ちゃんの健やかな成長そして安産を願って、妊婦さんのまぁるいお腹に絵をかくアートです。

ベリーペイント
出典:http://sazukariart.blog.jp/

アート時間は約30分~1時間ほどです。

ボディアート用の水性の絵の具で描くので、お水で洗うかウェットティッシュで拭いてオフすることができます。

お風呂に入って石鹸で洗い落とすと消える1日限りのアートです。

こちらは、ベリーペイント用の絵具と筆があればアートをすることができます。

絵は、フリーハンドで書いていきます。

 

▼施術の動画はこちら

資格の取得方法ですが、現在国家資格はなく、協会や民間のスクールで取得できます。

1DAYスクール(6時間前後)が主流で、料金は道具付きで8万円前後です。

 

④ヘナアート(メヘンディ)

インドや中東に育つミソハギ科の植物「ヘナ」の粉末に水を加えペーストにし、それを肌に乗せて角質を染めるアートです。
肌の表面だけ肌の表面だけを染めるので、代謝と共に約2週間ほどで消えていきます。

ヘナ
出典:http://fuusen-hase.com/

 

▼施術の動画はこちら

資格の取得方法ですが、現在国家資格はなく、協会や民間のスクールで取得できます。

こちらを学ぶに、1DAYコースもしくは全5回などで10時間ぐらいのコースがあります。

料金は、5万円~10万円ぐらいが相場になります。

 

まとめ

ボディアートと一言にいっても、沢山の種類があります。

キラキラを表現できる、ボディジュエリー。

マットな雰囲気のエアブラシアートやヘナアート、ポップでかわいい感じのベリーペイント。

複数のアートを組み合わせ、アートをすることもできます。

アートの仕上がりを見ていただき、どのボディアートの資格が自分に向いているのか?

今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

Pocket

あなたに合った、ボディージュエリースクール5つの選び方

2011.11.30通信講座撮影IN白山 111

 ▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

 

これからボディージュエリーを学びたいと考えているあなた。

ボディージュエリーって、どのぐらい期間でが学べると思いますか?

ボディジュエリーを習得できる期間、またボディージュエリースクールの選び方についてお伝えをしていきます。

 

ボディージュエリースクールについて

 

ボディージュエリーを学ぶのに必要な期間は?

 

現在日本のほとんどのボディージュエリースクールは、プロ向け(ボディージュエリーをお仕事にしたい方向け)のスクールがほとんどになります。

少ないですが、趣味でボディージュエリーを学べるスクールを開催している協会やスクールをもあります。

o0640048011856000134

プロ向けのボディージュエリーのスクールで最も多いスタイルは、1DAY(4時間~5時間)のスクールです。

たった1日でボディジュエリーを学べるのか不安・・・というお声をよくお聞きします。

実際のところはどうなのでしょうか?

ボディージュエリーのアート方法については1日で学ぶことができますが、一人でスムーズにアートを行ったり、色々なグラデーションの技法を身につけるには、その後の練習が必須になります。

1DAYスクールで学ぶ場合は、受講後できるだけ時間を空けずにどんどん復習&アート練習を進めて、自分のものにしていくのが習得への近道になります。

IMG_0200

自分で復習をするのが苦手な方には、3日間ぐらいに分かれているスクールをオススメします。

3回あるメリットは、繰り返し学べることと自分でチャレンジしたことで、わからないところを次回のスクールで聞けるところです。

スクール受講後、自分でどんどん練習できるタイプの方は1DAYスクール、復習をかねながらじっくり学びたい方には、複数回あるコースのスクールを選んでください。

 

またボディージュエリーは通信講座で学ぶこともできます。

その場合の受講期間は、講座のカリキュラムによって異なりますが1か月から3か月くらいの期間になります。

通信講座の場合は自分のアートがきちんと出来ているか、またどの部分を改善していけばいいのかがわからないので、「添削」がついている講座での受講がオススメです。

 

ボディージュエリーを学ぶのにかかる料金は?

 

趣味のボディージュエリーを学ぶのにかかるスクール料金は、道具込で15,000円~20,000円前後のスクールが多いです。

2011.11.30通信講座撮影IN白山 017

プロのボディージュエリーを学ぶには、ほとんどのスクールではお仕事で使えるキット付になっており10万円~30万円ぐらいが相場になります。

価格の違いは道具の種類やスクール期間と時間、カリキュラムによって異なります。

_DSC9599

ご自身ですでに道具をお持ちの場合は、道具持ち込みOKのスクールもあるので受講が可能か、各スクールに問い合わせてみてください。

 

自分に合ったボディージュエリースクール5つの選び方

 

【その①】 対面スクールか通信講座か?

ボディージュエリースクールの選び方ですが、まず対面スクールで学ぶのか通信講座で学ぶのかを選びます。

お子様が小さい方や、近くにスクールがない方などは「通信講座」も視野入れて検討をしてみてください。

それぞれのメリットとデメリットを挙げてみます。

対面スクールのメリットはその場で講師に質問ができるところ、また講師のデモンストレーションを見れるところです。

逆にデメリットは1DAYスクールが多いので、自宅に戻ってやり方が分からない時はスクールの内容を思い出して練習をするしかないので、サポートがしっかりしているスクールを選びましょう。

IMG_9808

通信講座のメリットは、何度も映像を見ることが出来るところと、自分のペースで進めることができるところです。

スクール受講時の説明だけでは覚えられない方には、映像を繰り返し見れるというのは安心感がありますね。

あとは、きちんとした技術を身につけるために添削とサポートを受けれる講座を選びましょう。

逆に、デメリットは講師に直接会えないのでその場で質問が出来ないところです。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、自分に合った方を選んでください。

 

【その②】 カリキュラムの内容は?

スクールがどのような内容なのか、ホームページや資料で確認をし充実した内容のものを選ぶようにしましょう。

チエックポイントはステンシル法や転写法など、どんな技術が学べるのかを確認します。

ステンシル法と転写法の違いは、「お肌をキャンパスに!」ボディージュエリーのやり方5つの手順をご覧ください。

またブライダル向けのアートがカリキュラムに入っているかどうかや、実際にスクールを受講された生徒様のお声やスクール風景などを参考にし、スクールのこだわりや講師の教え方なども自分のイメージしているものと近いかどうか確認しましょう。

IMG_0710

 

【その③】 受講後のサポートは充実しているか?

受講後のサポートは必須になります。

自宅に戻り、実際にアート練習をしてわからないところを聞いたり、実際のお客様へアートした際に対応に困ったことを相談したり活動を始めてから出てくる疑問がたくさんあります。

その際に必要になってくるのが、受講後のサポートになります。

対面スクール、通信講座共にサポートが充実している講座を選びましょう。

IMG_0286

 

【その④】 開業サポートはあるのか?

ボディージュエリーをお仕事にするには、ボディージュエリー知識と技術に加え開業のスキルも必要になります。

・サロンへのどのようにしてお客様を集めるのか?

・イベント出店の方法は?

・開業届の出し方は?

o0400030011607902572

など、開業するにあたりボディージュエリーの技術以外の部分で沢山準備をすることがあります。

誰に相談してよいのか・・・

そんな時に、サポートがあると安心です。

サポートがある講座かどうかも、スクール選びに重要なポイントになります。

 

【その⑤】 協会主催のスクールか一般のスクールか?

現在、ボディージュエリースクールを開講は協会主催もしくは一般のスクールがあります。

IMG_7650_s

協会指定のスクールと一般のボディジュエリースクールの一番大きな違いは、卒業後に協会所属のボディジュエリストと名乗ることができるので、お客様からの信用を得やすくなります。

ボディージュエリーの協会は、現在日本に複数あります。

各協会の違いは、規約や入会金・年会費・カリキュラム(講座内容)が異なるので、受講前にホームページや資料などで確認をしてご自身に合った協会やスクールを選んでください。

 

まとめ

ボディージュエリースクールの選び方いかがでしたか?

5つの選び方を参考に、ご自身に合ったボディージュエリースクールを選んでいただけたらと思います。

IMG_9774

Pocket

ボディージュエリーの資格について知っておきたい3つのこと

IMG_2368


▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから

banner2size-2

 

ボディージュエリーをお仕事にする場合には、どのような資格が必要なのか?

これが、ボディージュエリーをお仕事にしてみたいと考えた時に、一番最初に疑問をもつ点です。

こちらの記事では、ボディジュエリストとして活動していく上で必要な資格について解説しています。

これからボディジュエリーをあなた!ぜひ、参考にしてください。

img_9994

ボディジュエリーの資格について

 

 ボディジュエリーをお仕事にするのに資格は必要か?

 

ボディジュエリスト(ボディジュエリーの施術者)を施術するのに、現在のところ特別な資格は必要ありません。

では、ボディジュエリーの業界で「資格」と言われているものは何なのか?

そちらは「民間資格」になります。

民間資格とは、民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で認定する資格。

逆に国家資格とは、法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する資格です。

ボディージュエリーの場合は現在のところネイルなどと同様に、国家資格はないので各協会やスクールが民間資格という形で審査基準を設け、認定書やディプロマを発行しています。

資格を取るメリットは技術の高さを表す証拠となるので、お客様からの信頼を得やすいということです。

 

IMG_0825_s

ボディジュエリーは、お客様のお肌に直接施術をさせていただくお仕事になるので、きちんとした知識と技術を身につけておく必要があります。

しっかりとしたスクールや通信講座で学び、お客様に喜んでいただける施術ができるように実力をつけ、またそれを証明できるように、民間資格を取得してください。

 

資格を取得するには?

ボディジュエリーの資格(民間資格)を取得するには、下記の方法があります。

協会指定のボディジュエリースクールに通い、カリキュラムを終了し資格を取得する。

IMG_7650_s

または通信講座のカリキュラムを自宅で受講し、課題をクリアし資格を取得する方法があります。

協会指定のスクールと一般のボディジュエリースクールの違いは、卒業後に協会所属のボディジュエリストと名乗れるので、お客様からの信用を得やすくなります。

ボディジュエリーの協会は、現在日本に複数あります。

違いは、規約や入会金・年会費・カリキュラム(講座内容)が異なるので、受講前にホームページや資料などできちんと確認してください。

 

取得に必要な期間と費用は?

ボディジュエリーの資格を取得するのに必要な期間ですが、対面スクールでは1日で資格を取得できるスクールが多いです。

所要時間は、4時間~5時間ほどのワンディスクールになります。

IMG_9870

「1日でボディジュエリーを習得できるのか?」

ボディジュエリーのやり方を学ぶことはできますが、一日ですべてのアートがスムーズに出来るようになる訳ではありません。

ワンディスクールで資格を取得する場合は、受講後出来るだけ早く復習することが必須になります。(記憶が新しい3日以内がベストです)

自分一人でアートをしてみて、道具の扱いや手順をしっかりと思い出しながらマスターしましょう。

スクール受講後に実際に、モニター様にアートをしてみて出てくる疑問も沢山あります。

例えば、今までは自分の腕にアート練習をしていたが、モニター様のデコルテにアートをするとなると、どんな姿勢でどのような手順でアートを進めていけばよいのか、新たにシュミレーションが必要になります。

2012.4.18プロコース撮影写真 022

実際に活動をスタートして出てくる疑問がたくさんあるので、受講後のサポートが充実しているスクールを選んでいくことが大切です。

通信講座の受講期間は、講座によって異なります。

すぐに民間資格がとれるものもありますが、内容が薄いものは、プロとしての技術を学ぶには到底難しいものもあります。

講座の動画のボリューム安価な講座の場合は動画が10分ほどのものや、提出課題がないもの初歩的な技法のみしか学べない講座も多いです。

 

カリキュラムをしっかりと確認し、プロとしての知識と技術を学べる講座を選んでください。

費用については、対面スクールは道具付きで10万円前後が主流になります。高額なスクールの場合は20万以上のスクールもあります。

価格の違いは、各スクールの講座内容や時間また付属の道具の違いになります。

IMG_9093

通信講座の場合は道具付きで2万円~10万ほどの幅があります。

こちらの違いは、安価な通信講座は道具の量や種類が少ない場合が多いです。

アートに使う、グリッター(ラメパウダー)のグラム数が少なかったり、道具の種類が少ない場合があります。

また、コンテンツのボリュームも金額によって異なりますので、内容をしっかりと確認してから受講をしてください

 

まとめ

ボディジュエリーをお仕事にするのに現在国家試験はありません。

しかし、お肌に直接施術をするお仕事なのでスクールできちんとした技術と知識を身につけ、民間資格を得てからプロとして活動を進めていきましょう。

スクールや通信講座受講の際は、道具やカリキュラムをよく確認し、ご自身の学びたい内容がきちんと習得できる講座を選ぶこと、またボディジュエリストとしての開業をしていく支援をしてくれるスクールや通信講座を受講していきましょう。

2012.4.18プロコース撮影写真 017

Pocket