ボディージュエリーの資格について知っておきたい3つのこと

IMG_2368


▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから

banner2size-2

 

ボディージュエリーをお仕事にする場合には、どのような資格が必要なのか?

これが、ボディージュエリーをお仕事にしてみたいと考えた時に、一番最初に疑問をもつ点です。

こちらの記事では、ボディジュエリストとして活動していく上で必要な資格について解説しています。

これからボディジュエリーをあなた!ぜひ、参考にしてください。

img_9994

ボディジュエリーの資格について

 

 ボディジュエリーをお仕事にするのに資格は必要か?

 

ボディジュエリスト(ボディジュエリーの施術者)を施術するのに、現在のところ特別な資格は必要ありません。

では、ボディジュエリーの業界で「資格」と言われているものは何なのか?

そちらは「民間資格」になります。

民間資格とは、民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で認定する資格。

逆に国家資格とは、法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する資格です。

ボディージュエリーの場合は現在のところネイルなどと同様に、国家資格はないので各協会やスクールが民間資格という形で審査基準を設け、認定書やディプロマを発行しています。

資格を取るメリットは技術の高さを表す証拠となるので、お客様からの信頼を得やすいということです。

 

IMG_0825_s

ボディジュエリーは、お客様のお肌に直接施術をさせていただくお仕事になるので、きちんとした知識と技術を身につけておく必要があります。

しっかりとしたスクールや通信講座で学び、お客様に喜んでいただける施術ができるように実力をつけ、またそれを証明できるように、民間資格を取得してください。

 

資格を取得するには?

ボディジュエリーの資格(民間資格)を取得するには、下記の方法があります。

協会指定のボディジュエリースクールに通い、カリキュラムを終了し資格を取得する。

IMG_7650_s

または通信講座のカリキュラムを自宅で受講し、課題をクリアし資格を取得する方法があります。

協会指定のスクールと一般のボディジュエリースクールの違いは、卒業後に協会所属のボディジュエリストと名乗れるので、お客様からの信用を得やすくなります。

ボディジュエリーの協会は、現在日本に複数あります。

違いは、規約や入会金・年会費・カリキュラム(講座内容)が異なるので、受講前にホームページや資料などできちんと確認してください。

 

取得に必要な期間と費用は?

ボディジュエリーの資格を取得するのに必要な期間ですが、対面スクールでは1日で資格を取得できるスクールが多いです。

所要時間は、4時間~5時間ほどのワンディスクールになります。

IMG_9870

「1日でボディジュエリーを習得できるのか?」

ボディジュエリーのやり方を学ぶことはできますが、一日ですべてのアートがスムーズに出来るようになる訳ではありません。

ワンディスクールで資格を取得する場合は、受講後出来るだけ早く復習することが必須になります。(記憶が新しい3日以内がベストです)

自分一人でアートをしてみて、道具の扱いや手順をしっかりと思い出しながらマスターしましょう。

スクール受講後に実際に、モニター様にアートをしてみて出てくる疑問も沢山あります。

例えば、今までは自分の腕にアート練習をしていたが、モニター様のデコルテにアートをするとなると、どんな姿勢でどのような手順でアートを進めていけばよいのか、新たにシュミレーションが必要になります。

2012.4.18プロコース撮影写真 022

実際に活動をスタートして出てくる疑問がたくさんあるので、受講後のサポートが充実しているスクールを選んでいくことが大切です。

通信講座の受講期間は、講座によって異なります。

すぐに民間資格がとれるものもありますが、内容が薄いものは、プロとしての技術を学ぶには到底難しいものもあります。

講座の動画のボリューム安価な講座の場合は動画が10分ほどのものや、提出課題がないもの初歩的な技法のみしか学べない講座も多いです。

 

カリキュラムをしっかりと確認し、プロとしての知識と技術を学べる講座を選んでください。

費用については、対面スクールは道具付きで10万円前後が主流になります。高額なスクールの場合は20万以上のスクールもあります。

価格の違いは、各スクールの講座内容や時間また付属の道具の違いになります。

IMG_9093

通信講座の場合は道具付きで2万円~10万ほどの幅があります。

こちらの違いは、安価な通信講座は道具の量や種類が少ない場合が多いです。

アートに使う、グリッター(ラメパウダー)のグラム数が少なかったり、道具の種類が少ない場合があります。

また、コンテンツのボリュームも金額によって異なりますので、内容をしっかりと確認してから受講をしてください

 

まとめ

ボディジュエリーをお仕事にするのに現在国家試験はありません。

しかし、お肌に直接施術をするお仕事なのでスクールできちんとした技術と知識を身につけ、民間資格を得てからプロとして活動を進めていきましょう。

スクールや通信講座受講の際は、道具やカリキュラムをよく確認し、ご自身の学びたい内容がきちんと習得できる講座を選ぶこと、またボディジュエリストとしての開業をしていく支援をしてくれるスクールや通信講座を受講していきましょう。

2012.4.18プロコース撮影写真 017

Pocket

「ボディジュエリーをお仕事にする方法」無料メール講座*デザインプレゼント付

ボディジュエリーをお仕事として始めてみたいけど、どんな風にスタートをすればよいか悩んでいませんか?

このメール講座では、

お仕事としての「ボディジュエリー」を学ぶ方法とは?

「成功するボディジュエリストってどんな人?」

本気でボディジュエリーをお仕事にしたいなら、実行してほしい2つのこと

ボディジュエリストさんの収入事情!ぶっちゃけどうなの?


など、ボディジュエリーのお仕事を始める方法と具体的に実行してほしい内容などを全10日間にわたり学べぶことができます。


受講生様には、「ボディジュエリーのデザイン」のプレゼントさせていただいております。

*こちらはダウンロード版になります。パソコン、スマートフォンからダウンロードいただき印刷をよろしくお願い致します。

是非、この機会にボディジュエリーを学んで下さい。

スマートフォン・タブレットでご覧の場合は、一番下に登録フォームがございます。
 一番下まで、スクロールをしていただき、ご登録をよろしくお願いします。

登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*