ボディージュエリーをやってみたい!実際のボディージュエリーの価格は?

2016-06-02-200

▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

 

ボディージュエリーに興味があり、「アートをしてもらいたい!」というあなた。

ボディージュエリーアートをしてもらうには、実際いくらぐらいかかるのか?

ボディージュエリーのアート価格について、詳しくお伝えします。

 

ボディージュエリーの価格はどれぐらい?

アートの大きさと料金

2014-11-11 16.05.47

ボディージュエリーの価格設定は、基本的にアートの大きさで決まっています。

サロンによって表示の仕方が少し異なりますが、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズなどで表示されているサロンが多いです。

img_9998

この表示の場合は実際のサイズがわかりにくいのでサンプルを見せてもらい、どのぐらいの大きさかを確認しましょう。

名刺サイズ・はがきサイズ・B5サイズなどで表示がされているサロンもあります。

こちらは、わかりやすいですね。

アートをしたい箇所によりサイズも決まってくるので、身体のどの部分にボディージュエリーをアートしたいかをまず、決めていきましょう。

img_8200

アート価格の目安は下記になります。

名刺サイズ:2,000円~4,000円

はがきサイズ:4,000円~6,000円

A4サイズ:5,000円~10,000円

それ以上のサイズ:12,000円~

サロンによって価格が異なるので、施術前に料金を確認してくださいね。

 

使うカラー数によって価格は異なるの?

2014-11-11 13.37.33

こちらはサロンによって異なります。

サロンによっては、3色以上はプラス1色につき、200円~500円など追加料金が発生するところもあります。

アートの大きさやデザインにもよりますが、グラデーションを用いると小さいデザインのものでも複数のお色を使うので、事前に確認をしてから施術をしてもらいましょう。

ラインストーンの料金はどれぐらい?

スワロフスキー

1粒50円や3粒セットで200円など、こちらもサロンによって異なります。

中には、1粒サービスで付けてくれるサロンもあります。

ウエディングボディジュエリーの場合は、アート料金に含まれている場合もあるので施術前にサロンで確認をしてくださいね。

シーン別アート料金

ブライダルボディジュエリー

wd_0119

ブライダルボディジュエリーの料金は、10,000円~40,000円ぐらいが相場になっています。

料金はアートの大きさや、背中だけにアートするのか?

腕や指先までアートするのか?

などによっても異なってくるので、全体のイメージを伝え、料金を事前に確認しておきましょう。

ストーンの料金が入っているのか、別なのかも合わせて確認をしておきましょう。

6224999

最近は、肩が出ているドレスが人気なので「背中+腕」もしくは「デコルテ+腕」にアートをする花嫁さまが多いです。

IMG_3243

グリッター(ラメパウダー)の人気カラーは、「シルバー」です。

カクテルドレスのお色と、シルバーを組み合わせてアートを希望される花嫁さまもいらっしゃいます。

シンプルアートにするか、しっかりアートお好みでお選びいただけたらと思います。

マタニティボディジュエリー

2016.06.02-139

マタニティボディジュエリーの料金は、10,000円~20,000円ぐらいが相場になります。

ベビーへのオリジナルメッセージを追加したり、プラスアルファのデザインを追加するとその分の料金はUPします。

ストーンの料金が入っているのか、別なのかも合わせて確認をしておきましょう。

 

イベント価格

美容系のイベントや、その他のイベントでもボディジュエリーブースが出店されているイベントがあります。

o0400030011607902572

イベントの場合は、名刺サイズのアートがイベント価格の500円~1,000円ほどで体験することができます。

全国のボディジュエリーサロンのブログやHPをチエックしていただくと、出店情報などを掲載しているサロンさんがあるのでチエックしてみてくださいね。

 

オリジナルデザインを持ち込みたい場合

アーティストのコンサートやチームのロゴなどオリジナルデザインのアートを希望する場合は、事前にサロンに連絡しデザイン持ち込み可能か相談をしてみてください。

デザインによっては、細かい部分はボディジュエリーアートで描けない場合もあります。

2016-06-02-sejyutsu_021

その場合は、少しデザインを簡易化するなどしてアートをすることが可能です。

デザインの持ち込みは、無料のサロンもあれば有料の場合もあるので、じぜんに確認してください。

ボディジュエリー施術を受けるまでの「5つの流れ」

まとめ

ボディジュエリーは一日だけで落ちてしまうボディアートではないので、こちらでご紹介した料金で、約1週間アートをお楽しみいただくことが出来ます。

ワンポイントアートはデートや小旅行などにオススメです。

collage

また、ウエディングボディジュエリーやマタニティボディジュエリーはお写真に残して、一生の思い出にしてくださいね。

Pocket

ボディジュエリー施術を受けるまでの「5つの流れ」

IMG_2361

▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

 

ボディジュエリーアートを初めて見た時、「これってどんな風にアートしているの?」「シールを貼っているの?」と聞かれます。

ボディジュエリーの施術が、どんな流れで行われているのかをお伝えします。

 

ボディジュエリーの施術を受けるために

施術前の準備

2014-11-11 14.49.43

サロンでボディジュエリー受ける場合は、まず最寄りのサロンを探しましょう。

「ボディジュエリーサロン+地名」でインターネット検索すると、最寄りのサロンが出てきます。

その中から、サロンをピックアップしてください。

 

予約の電話をする前に、下記の内容を考えておくとスムーズです。

==============

・体のどの部分にアートをしたいか?

・どんな感じのアートをしたいか?(お花やキャラクターなど)

・大きさはどれぐらいか?

==============

初めてボディジュエリーの施術を受ける場合は、わからないことも多いので、

ボディジュエリストさん相談しながら決めていただいても大丈夫です。

2015-07-26-15-44-04_deco

サロンに行く前の日に、施術箇所の剃毛を行ってください。060902fef5103fa6f106220f71958624_s

余分な毛があるとアートにがたつきが出ます。

また、お肌に油分があるとアートがはがれやすくなるので、当日はアート箇所にはボディクリームや日焼け止めなどは塗らずに行きましょう。

 

パッチテスト

お肌にアレルギーやアトピーなどがある場合は、お肌へのアートは控えてください。

f76ac920e79de0353cff1ca14c1a25b7_s

不安がある方は「パッチテスト」を行います。

お肌にアートのデザインを写す「転写液」や、肌専用のりの「グルー」をコインサイズぐらい腕に塗り様子を見ます。

5分から10分ぐらい様子を見て、問題がなければアートをしても大丈夫です。

かゆみや赤みが出る場合はお肌の状態が良くないので、アートは控えましょう。

 

デザインとカラーの決定

パッチテストで問題がなければ、デザインとカラーを選んでいきます。

img_75502

ボディジュエリーのデザインは、色々なものがあります。

人気のあるデザインは、蝶やバラです。

o0640048011856001015

その他にも蓮(はす)や、つたの模様、キャラクターモチーフやリボンなど沢山あります。

ボディジュエリー転写のやり方《動画付》

デザインを見せてもらい、イメージに合ったものを選んでいきましょう。

 

デザインが決まったら、お色を選びます。

o0152014411897021188

お色選びは、とても迷います・・・

決め方はネイルサロンに行った時と同様、メンイのアートのお色を何色系にするかを決めてください。

例えば蝶をアートする場合、メンイの蝶は「パープル系」と決めます。

そうするとボディジュエリストさんが、パープル系のカラーのグリッター(ラメパウダー)を見せてくれるので、その中で濃い目のお色がいいのか、淡い系のお色にするのかを選んでいきましょう。

IMG_5149

メンイのお色が決まれば、一緒に使っていくグラデーションのお色や、周りの模様のお色などを提案してもらえます。

もしくは、アートサンプルで気に入ったものがあれば、同じデザインとカラーでアートをしてもらうのも良いですね。

2012.4.18プロコース撮影写真 116

 

実際のアート手順

デザインをお肌に転写(写して)していきます

デザインが決まったら、お肌にデザインを写していきます。

ボディジュエリーの用語では、こちらを「転写」(てんしゃ)と言います。

img_8149

上の写真ので、デザインがお肌に写っているのが、わかると思います。

お色を乗せていく

デザインが転写出来たら、お肌にグリッター(ラメパウダー)でお色を乗せていきます。

img_8186

メンイのお色をベースに、3色から5色ぐらいのお色を重ね、グラデーションを描いていきます。

デザインすべてにお色が入ったら、補正を行いラインストーンを乗せて完成です!

img_8297

こちらのアートの場合はメンイのお色がピンク系、周りの模様は純銀カラーのシルバーで仕上げました。

アートの所要時間は、はがきサイズで約30分から40分、A4サイズで1時間前後になります。

同じ大きさのアートでも、デザインやお色の入れ方で所要時間が異なります。

 

◇関連記事◇

グラデーションアートの手順は、下記の記事で詳しくご紹介させていただいております。

「お肌をキャンパスに!」ボディージュエリーのやり方5つの手順

 

施術後の注意点

施術後は、アートを長持ちさせるために擦れないように注意をしましょう。

デコルテアートの場合は、アクセサリーなどで擦れないようにしてください。

またオフの方法もサロンから説明があるので、お肌を傷めないように優しくオフをしてください。

2014-11-11 13.36.57

まとめ

ボディジュエリーの施術を受けるまでの流れは、いかがでしたか?

夏場の汗ばむ季節は、余分なグリッター(ラメパウダー)がアートの周りにつきやすくなります。

ウエディングボディジュエリーやパーティアートなどの施術は、前日にアートをいただくのがベストです。

アート後シャワーを浴びていただき、余分なグリッターを落としアートをくっきりさせてから、当日を迎えてくださいね。

2016.06.02-012

 

Pocket

ボディジュエリーをボディ以外で楽しむ6つの方法(デコジュエリー)

dsc_9713

 

ボディジュエリーをボディ以外で楽しむ方法をご存知ですか?

スマートフォンカバーやティッシュカバー・ミラーやボードなどにもアートすることができます。

色々なものが、キラキラになるのはテンション上がりますよね。

では、早速アートを見ていきましょう。

dsc_9696

▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

 

デコジュエリーいろいろ

 

スマートフォンへのアート
DSC_9710

 

植木鉢へのアート
DSC_9746

 

ミラーへのアート
DSC_9722

 

ボードへのアート
fullsizerender-3

 

ウエットティッシュのボックスへアート
IMG_8754

 

テッシュケースへアート
dsc_9718

 

まとめ

お肌以外でも大活躍「デコジュエリー」

プレゼントにも人気があります。

お好みのデザインやカラーで、ぜひ自分のアイテムにアートをしてみてくださいね。

banner2size-2

Pocket

ボディ ジュエリーシールの作り方5つの手順(動画付)

2016.06.02-110

「ボディジュエリーシール」をご存知でしょうか?

3Dボディジュエルや貼るボディジュエリーとも呼ばれています。

お肌やフォトフレーム、グラスなどに貼ることができるボディジュエリーアートを施したシールです。

「どのようにして作っているのか?」

本日は、作り方を解説したいと思います。

3d%e9%87%8d%e3%81%ad%ef%bc%96

ボディジュエリーシールを作る方法

準備するもの

制作するのに必要なものは、ボディジュエリーシール用のシート・デザイン・カッターもしくはハサミ・ボンド・グルー(ボディジュエリー用)・マジカルピックになります。
studio-e0005

シートは色々な種類があります。
%e5%86%99%e7%9c%9f-1

%ef%bc%93%ef%bd%84%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

半永久的に粘着力が維持するものもあれば、数回使用すると粘着力がなくなってしまうものもあるのでシートの仕様をよく調べて準備をしていきましょう。

厚みも1.2㎜ぐらいのものから0.3㎜など色々な種類があります。

厚みのあるものは立体感が出ます。

薄いものはお肌に直接描いているように見えます。

img_3354

お好みで選んでください。

 

ボディジュエリーシールを作る手順とは?

①シートを自分でカットする場合はデザインの上にシートを乗せてカッターかはさみでカットします。

カッティングシートを使う場合はそのままでOKです。
%e5%86%99%e7%9c%9f-1

②シートにグルーを塗り乾かします。
img_8273

③乾いたらグリッターを乗せていきます。
img_8283

④乗せれたら、余分なグリッターを払います。
img_8287

⑤続いて、ラインストーンを乗せていいきます。
img_8327

⑥完成!
img_8336

 

《ボディジュエリーシールの作り方動画》

 

まとめ

ボディジュエリーシールの作り方、いかがでしたか?

使うグリッターのお色やストーンで色々な表情を見せてくれる「ボディジュエリーシール」

いつでも自分で貼ることができるので、手軽にボディジュエリーを楽しむことができます。

ぜひ、あなたも作ってみてくださいね。

250-250a

IMG_8983(修正版) 3d重ね6

Pocket

はじめてでもわかる!ボディジュエリー基本グラデーションやり方

0363_s

▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

ボディジュエリーアートを際立たせるグラデーション。

複数のラメパウダーを重ねることにより、立体感や深みを表現することができます。

本日はグラデーション技術にスポットを当ててお伝えをしていきます。

 

ボディジュエリーグラデーションの基礎知識

 

グラデーションの「かけ方」の種類

ボディジュエリーアートのグラデーションのかけ方には、色々な種類があります。

デザインに合わせて上から下にお色を変化させていくグラデーション、右から左にお色を変化させていくグラデーション・内側から外側にかけていく場合もあります。

実際に写真で見てみましょう。

↓上から下にお色を変化させているグラデーション
IMG_5272

↓こちらのバタフライのアートは、羽根の内側から外側に向けて、濃→淡のグラデーションをかけています。bata

↓同じバタフライのデザインですが、上のアートとは逆で内側が淡→濃のグラデーションbata2

グラデーションの流れで、アートのイメージが変わりますね。

↓両方を並べて比べてみてみましょう
hikaku

濃いお色の方が、重い印象になるのがわかるかと思います。

今回のデザインの場合は、どちらのパターンも良い感じに仕上がっていますね。

デザインによっては、グラデーションのかけ方で印象が全く変わるものもあるので、デザインやお色に合わせて、どんな風にグラデーションを描くかを決めていってください。

 

グラデーションのかけ方で変わる、アート工程と時間の違いについて

同じデザインのアートでも、一気にグラデーションをかけていくアートとパーツひとつずつグラデーションをかけていく方法では、アート工程と時間が大きく異なります。

↓こちらのバラは、花びらや葉っぱに一気にグラデーションをかけてアートをしています。%e3%83%90%e3%83%a9

↓逆に下記のアートは同じバラのアートですが、こちらは花びら1枚ごとにグラデーションをかけています。
0369

一枚づつグラデーションを描いてくので、アート工程は多くなり時間も長くなります。

アート工程と手間がかかるりますが、メリットとしては花びら1枚づつグラデーションがかかるので、立体的になりアートを引き立てます。

このように、グラデーションのかけ方でアートの印象が変わります。

また、アートにかかる所要時間も変わります。

 

ボディジュエリーグラデーションに使うグリッターの色選びのコツは?

グラデーションを描くには、2色から5色ぐらいのグリッターを使ってお色を変化させていきます。

最初は3色ぐらいからスタートしていきましょう。

この時に悩むのが、お色選びです。

2014-11-11 12.07.37

最初は、同系色で少しずつお色を変化させていくアート練習がオススメです。

下記のように、ブルー系で濃紺から水色など同系色のグラデーションを描いていける練習から始めましょう。

img_7518

ペーパーにグルーを塗るか、両面テープを貼りグラデーションの練習をしてみてください。

基礎のグラデーション練習は、まず3色のグリッターを使ってアートを描いていきましょう。

レベルアップしていくと4色5色と増やしていき、どんどん細かくグラデーションを描いていきます。

お色数が多いほど、繊細なグラデーションを表現することができます。

2016.06.02-175

慣れてくると、落とす量のコントロールができて、流れのよいグラデーションを描くことができます。

ぜひ、練習してみてください。

 

グリッターの種類

ボディジュエリーに使用されいるグリッターは複数の種類があります。

多く使われているグリッターは、メタリックグリッターと呼ばれている、お肌が透けないグリッターです。

↓メタリックグリッターでアートしたリボンアート
2014-11-11 14.29.45

反対に、お肌が少し透けるグリッターを、クリアグリッターと言います。

↓クリアグリッターをメンイにアートした作品
2016.06.02-064

使うグリッターによって、仕上がりイメージが違うのがわかるかと思います。

アートのイメージによってグリッターの種類を使い分けていくと、アートの幅が広がります。

 

ボディジュエリーグラデーションアート

グラデーションの描き方

ここから、実際にグラデーションを描いていく手順をお伝えします。

グラデーションを描いていく際に、重要なことは、段々とお色が変わっていくように、グリッターを調節し落としていくことです。

↓グラデーションが完成しているアート
IMG_7383

グラデーションの手順ですが、一色目のお色を入れたら、段々とお色を減らしていき次のお色を重ねていきます。

いきなり量を大幅に減らしてしまうと、急に次のお色に変わってしまいストライプのような仕上がりになってしまうので、徐々に減らしていくのがポイントです。

↓1色目と二色目のお色を乗せた状態
IMG_7343

↓3色目のお色を乗せています
IMG_7360

↓最後のお色を乗せています
IMG_7367

量を調節しながらグリッターを乗せていくことにより、美しいグラデーションを描くことができます。

 

ボトルの高さと落ちるグリッターの密度の関係

グリッターを落としていく際ですが、ボトルとお肌が近いと、グリッターは同じ場所に密集して落ちていきます。

逆にお肌から離し、高さを上げて落としていくと、密集せずに散って落ちてくれます。

↓お肌の近くで落としている様子
tikai

グラデーションを入れる部分では、グリッターのボトルをお肌から少し離しながら(つまり、高い位置から)振りかけると、粒々の間隔が広くなって、次のカラーとの境がわかりにくくなるのです。

グラデーションがキレイに仕上がらない場合、グリッターの口の高さ(位置)を高く、部位から離れた所から落して、色の重なりをみてくださいね。

↓離して、落としている様子
%e9%81%a0%e3%81%8f%e3%81%8b%e3%82%89

このようにボトルをしっかりとコントロールしてグラデーションを描いていくと、きれいなアートを完成することができます。

 

ボトルの持ち方について

グリッターのボトルは、親指と中指でつまむように持ちます。持つ部分はボトルの下の部分です。

つまむことでボトルがぶれずに、落としたい量をコントロールすることができます。
tumamu

落としていくときは、人差し指でボトルを「トントン」と叩いて落としていきます。
gurixtuta

gullitter

叩く強さによって、落ちる量が異なるので、その感覚も覚えていってください。

ボトルを使わずに、筆にグリッターを付けて乗せていく方法もあります。

どちらの方法が正しいといのはなく、ボディジュエリストが美しくアートを仕上げられる方法でやりやすい方法でアートできればOKです。

 

グラデーション応用編

お色のトーンが違うグラデーションの描き方

同系色で慣れてきたら、少し離れたトーンの(=つながりにくい)お色のグラデーション練習にもチャレンジをしていきましょう。

↓ピンク系からホワイト系へのグラデーション
img_8297

お色のトーンが離れているグラデーションは、レベルが高いグラデーションになります。

 

《グラデーション動画》

だんだんとレベルアップしたグラデーション練習にもトライしていってください。

 

同じモチーフでも選ぶお色で仕上がりが、こんなに違う

同じアートでも、アートするお色が変わると印象が変わります。

下記のアートは、バラは同じお色でバタフライのグラデーションのお色がそれぞれ違いますので見ていきましょう。

0430 0434_s 0441  0452 0463 0469 0473 047804240448

0415

使うお色で、イメージが異なるのがわかりますね。

まとめ

ボディジュエリーのグラデーションをマスターするために大切なことは、正しいボトルの持ち方意識しながら、ボトルの高さをしっかりとコントロールすることです。

そちらを意識しながらアート練習を進めてみてください。

また、最初は同系色のグリッターからアート練習をスタートしてください。

使用するお色やグラデーションの描き方によって、同じデザインのアートでも印象が全く異なります。

ぜひボディジュエリーの醍醐味の「グラデーション技術」を磨いていただき、ボディジュエリーを楽しんでいただけたらと思います。

2012.4.18プロコース撮影写真 017

Pocket