ブライダルに人気!ホワイトグリッターの使い方

_DSC9520

ブライダルに人気のホワイト系のアート。

ホワイトのグリッターを複数使うことで、メリハリが表現でき立体感をつくることができます。

本日は、色々なホワイトグリッターを紹介してきます^^

 

色々なホワイトグリッター

ホワイトグリッターの種類

ホワイトグリッターには、沢山の種類があります。

IMG_0487修正版

まず最初にお肌に透けないホワイトグリッターを紹介します。

こちらのホワイトは、お肌をすべて隠してくれますので、アウトラインをとったり、真っ白にアートを仕上げたい時に使用するのに適しています。

▼バラアートのアウトライン
_DSC9546

《透けないホワイトグリッター》


△画像をクリックすると商品が見れます。

 

▼花びらの中の部分に、半透明や透明系のホワイトグリッターを使うことで、立体感を表現することができます。
_dsc9646

▼花びらの中の中に、ホワイトの透明系にパステルピンクやパステルグリーンをまぜたアート
img_5073

ホワイトの透明感と、パステルを組み合わせることで”ふんわり感”を出すことができます♪

《半透明のホワイトグリッター》

△画像をクリックすると商品が見れます。

 

透明色のグリッターは、たくさんの種類がありますが、違いは混ぜてあるお色が違うことです。

お肌に乗せると、混ぜてあるお色が「ほんのり」と見えます。

また、光にあたるとそのお色が光ります★

IMG_1445(修正版)

▼透明度の高いホワイト系の面積を広めにとると”透け感”が出ます
IMG_0144修正版

《透明のホワイトグリッター》

●ブルーホワイト

△画像をクリックすると商品が見れます。

 

●ピンクホワイト

△画像をクリックすると商品が見れます。

 

パープルホワイト

△画像をクリックすると商品が見れます。

 

●レインボーホワイト

△画像をクリックすると商品が見れます。

 

まとめ

オススメのグラデーションの組み合わせは、「透けないホワイト+半透明+透明の組み合わせ」です。

ぜひ色々なホワイトグリッターを組み合わせて、ホワイトアートを描いてみてくださいませ。

2016-06-02-201

 

2016.06.02-157

Pocket

「ボディジュエリーをお仕事にする方法」無料メール講座*デザインプレゼント付

ボディジュエリーをお仕事として始めてみたいけど、どんな風にスタートをすればよいか悩んでいませんか?

このメール講座では、

お仕事としての「ボディジュエリー」を学ぶ方法とは?

「成功するボディジュエリストってどんな人?」

本気でボディジュエリーをお仕事にしたいなら、実行してほしい2つのこと

ボディジュエリストさんの収入事情!ぶっちゃけどうなの?


など、ボディジュエリーのお仕事を始める方法と具体的に実行してほしい内容などを全10日間にわたり学べぶことができます。


受講生様には、「ボディジュエリーのデザイン」のプレゼントさせていただいております。

*こちらはダウンロード版になります。パソコン、スマートフォンからダウンロードいただき印刷をよろしくお願い致します。

是非、この機会にボディジュエリーを学んで下さい。

スマートフォン・タブレットでご覧の場合は、一番下に登録フォームがございます。
 一番下まで、スクロールをしていただき、ご登録をよろしくお願いします。

登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*