ボディジュエリーで開業するための7つの準備

ボディジュエリーの資格をとり、その後どんな風に開業の準備をすればよいのか?

初めての開業される場合は、何から手をつければよいのかわからないですよね。

今回の記事では、開業までの準備の方法を詳しくお伝えします。

2014-11-11 13.37.16

 ▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

 

ボディジュエリーの資格をとったら、まず最初にやる事

 

友人やモニターさんへのアート練習

ボディジュエリーの資格をとるための練習は、ほぼ自分の腕にアートを行うことが多いため、人の身体にアートをさせていただき、各部位へのアート方法や姿勢の取り方などを学ぶことが必須です。

img_2220

背中やデコルテ、脚や腰など色々な箇所にアートをする練習をしていきましょう。

アート箇所によっては、ボディジュエリストの姿勢が取りにくい場合もあります。

そのあたりも、把握し慣れておく必要があります。

studio-e0007-deleted-ffa3e1382b80d5802a7238632b26748c1

カラーも色々な好みがあるので、友人やモニターさんの希望を聞き、そのカラーに対応できるのか?

もこれからお仕事をスタートしていく上で重要です。

色々なカラーの組み合わせに挑戦し、お客様のオーダーに応えていけるように経験を積みましょう。

 

カラーサンプルの作成

アートの色をお客様に決めていただく際に便利なのがカラーサンプルです。

IMG_7467

サンプルは単色で見せるサンプルやグラデーションを描いたサンプルもあればわかりやすいです。

この中から、お好みのお色を選んでいただきアートしていきます。

初めてボディジュエリーをされる方にとっては、どんなお色の組み合わせでアートができるのか想像がつきません。

なので、見て頂けるものを作っておくと、とてもわかりやすいです。

 

ブログやホームページの作成

どんな風に活動をしていくかによって、作るものは変わってきますが、名刺やパンフレットにも記載ができる、サイトがあれば、紹介がしやすくなります。

ee39337d4d140acab7c4211a61bc2514_s

また、今後の集客窓口にもなりますね。

できるだけ沢山の方に知っていただけるようにブログやHPをスタートしましょう。

 

SNSへの投稿

Facebookやインスタグラム、動画投稿サイトなど、色々なSNSがあります。

そちらにもアート写真などを投稿して、活動を友人などに知ってもらい今後の集客につなげていきましょう。

sns

 

名刺やチラシの作成

ボディジュエリストとしての活動を知ってもらうために、色々な場面でお渡しできる名刺やチラシが必要になります。

自分でパソコンとプリンターで制作するか、写真やデザインを入れたい場合は印刷業者に依頼をしましょう。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

アートサンプル写真集を制作

自分自身や友人などにアートをした作品を写真に収め、作品集を作りましょう。

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b02 %e3%81%86%e3%81%88

サンプルがあれば営業活動の際にも役立ちますし、お客様にアートのデザインを決めていただく際にも便利です。

デザイン画だけを見てもイメージが湧きにくいですが、サンプルの写真を見て頂くと仕上がりがわかります。

 

 

開業届を提出

新しく事業をスタートするにあたり、法人として活動するのかもしくは個人として活動するのかをまず決めます。

法人で開業する場合は、法人の登記が必要になります。

ボディジュエリーのサロンなどをスタートされる場合は、個人事業主としてスタートされるケースが多いと思いますので、そちらをメンイに説明を進めていきます。

個人事業主として事業をスタートする場合は、「開業届」が必要です。

 

開業届とは?

開業届とは、正式には「個人事業の開業・廃業等届出書」といいます。
個人が事業を始める時に税務署に提出する書類になります。

事業を辞める(廃業する)時も、同じ書類を用いて「廃業」の届出を行います。

 

開業届の対象者は?

開業届の対象者として、
「新たに事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき事業の開始等をした方」と
定められています。

専業や副業を問わず、利益を出すために継続して行う事業であれば、開業届を提出する対象となります。

 

▶開業届の提出先は?

納税地を所轄する税務署になります。

 

▶開業届を出すメリット

開業届を提出すると確定申告(税金の申告)が青色申告ができるので、節税面で大きなメリットがあります。

節税効果の高い青色申告で確定申告をするには、開業届が必要になります。

*青色申告以外に、簡単な白色申告があります。

 

確定申告について

個人事業主として確定申告が必要なのは、1年間の事業所得が38万円を超える人です。

38万円というのは、所得税の基礎控除額にあたります。

この基礎控除とは働いている人なら誰でも受けられる控除で、38万円は所得から差し引いてもいいということになっています。

つまり、所得がちょうど38万円の人は、38万-38万=0円ということで所得税を払う必要がなく、確定申告も必要ないということになります。

事業所得とは、ボディジュエリストとして得た収入から必要経費を引いたものになります。

収入―必要経費=所得

例えば収入が40万円あっても、経費が5万円かかっていると、

〔収入〕40万円-〔経費〕5万円=〔所得〕35万円

所得は35万円になります。

つまり、事業所得から経費を引いたものが38万円を超えた場合に、初めて納税の義務が発生することになります。

 

スタイル別開業準備をご紹介

開業するにあたり、まずボディジュエリーの施術に使用する道具が必要になります。

スクールやもしくはご自身で準備をされた、キットがある場合はそちらでOKです。

もしグリッターのカラーや種類が少ない場合は、買い足して最低でも40色ほどは揃えておきましょう。

グルーや転写液などの消耗品は、ストックを準備しておいてください。

アートのデザインは自分で書き起こすもしくは、デザインを購入し準備をしておきましょう。

IMG_9903

ボディジュエリーの道具については下記の記事で詳しく説明をさせていただいております。

これだけは必要!ボディジュエリーキット 

 

その他の備品は、下記で購入ができます。

《ドラッグストアや百円ショップで購入できるもの》

・ウエットティッシュ
・メイクパフ
・コットン
・鏡

《ネイルショップで購入できるもの》

・ラインストーン
・スワロフスキー

備品を全て購入した場合に必要なかかるコストは1,500円ほどになります。

その他、「施術前の注意点をまとめたもの」「施術同意書」「施術後の注意点」などお客様に説明をスムーズにできるように書類関係も準備しておきます。

 

自宅サロンを開業する場合

自宅の一室をサロンにする場合は、サロン風に部屋を改造しましょう。

カーテンや棚などは使えるものがあればそのまま使用し、サロン風に変えたほうが良いものは準備をしてください。

2015-07-24-18-57-09_deco

施術ベッドは準備をした方が、お客様もボディジュエリストも楽な姿勢でアートをすることができます。

折り畳み式のもので、約10,000円前後から購入することができます。

ベッドに敷く、タオルケットやタオルなども合わせて準備をしてください。

*画像をクリックすると、ベッドの詳細が見れます。

 

その他に必要なものは、テーブル・椅子になります。

*画像をクリックすると、ベッドの詳細が見れます。

 

kimg0095

 

出張サロンとして開業

出張サロンとしてスタートする場合は、アート用品の他にタオルや床にしく敷物が必要になります。

お客様のご自宅で施術をさせていただく場合が多いので、グリッター(ラメパウダー)が床に落ちないように、敷物をしいて施術を行います。

p1050021

22335996_1482867104_224large

 

イベント出店中心に開業

イベントを中心に開業をする場合は、アートデザインのディスプレイ用のサンプルの準備が必要です。

あとは、ポスターや看板などでボディジュエリーブースということががわかるようにしましょう。

o0400030011607902572

 

ウエディング関係のお仕事で開業

こちらの場合は、結婚式場やレンタルドレスショップなどに営業に行くために、サンプル写真や価格表などの準備が必要になります。

出張でアートで行う場合は、上記の出張サロンの準備が必要です。

IMG_9302

 

ネイルサロンや美容室の一部で開業

場所を一部借りて行う場合はサロンや美容室に来られた方に、ボディジュエリーをアピールできるようにアートデザインのディスプレイやチラシを準備しましょう。

90e52e64da52a857933e3adb3d032b82_s

 

サロン出店で開業

ボディジュエリー専門店または、ネイルやエステサロンと組み合わせての出店も可能です。

店舗を借りての出店の場合は、施術ベッドや机・椅子・収納棚・照明器具・食器や清掃道具などが必要になります。

また看板などの設置も必要になります。

d4fc1d136b73f8d7f10f7248235c1b7e_s

開業へ向けての準備いろいろとありますが、お客様の”笑顔”をイメージしながら、一つづつ楽しみながら準備してみてください。

2016.06.02-099

 

Pocket

「ボディジュエリーをお仕事にする方法」無料メール講座*デザインプレゼント付

ボディジュエリーをお仕事として始めてみたいけど、どんな風にスタートをすればよいか悩んでいませんか?

このメール講座では、

お仕事としての「ボディジュエリー」を学ぶ方法とは?

「成功するボディジュエリストってどんな人?」

本気でボディジュエリーをお仕事にしたいなら、実行してほしい2つのこと

ボディジュエリストさんの収入事情!ぶっちゃけどうなの?


など、ボディジュエリーのお仕事を始める方法と具体的に実行してほしい内容などを全10日間にわたり学べぶことができます。


受講生様には、「ボディジュエリーのデザイン」のプレゼントさせていただいております。

*こちらはダウンロード版になります。パソコン、スマートフォンからダウンロードいただき印刷をよろしくお願い致します。

是非、この機会にボディジュエリーを学んで下さい。

スマートフォン・タブレットでご覧の場合は、一番下に登録フォームがございます。
 一番下まで、スクロールをしていただき、ご登録をよろしくお願いします。

登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*