ボディジュエリーの種類を徹底調査

DSC_0082

ボディジュエリーと呼ばれるアートには、いくつかの種類があります。

お肌に直接描くタイプや、何度も貼れるシールタイなどがあります。

1つずつ見ていきましょう。

 ▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

ボディジュエリーの種類とは

 

お肌に直接描くボディジュエリー

お肌専用のグルー(のり)を使い、グリッターと呼ばれるラメパウダーを乗せていくアート方法です。

0363_s

日本で「ボディジュエリー」がメジャーになってきたのは、2010年頃からです。

呼び名は色々あり、「ダイアモンドタトゥー」や「ラースティングタトゥ」「レインボータトゥ」などと呼ばれることもありますが、アート方法は同じになります。

アートは1週間前後楽しむことができ、クレンジングオイルなどで自分でオフすることができます。

デザインは、バラや蝶などが人気です。

0414

デザインを準備すれば、ロゴやキャラクターなどをアートすることもできます。

img_8842

アートは、ラメパウダーの輝きを出すグラデーションが人気です。

本物のタトゥとは違い、好きな時に好きなデザインを楽しむことができるのが「ボディジュエリー」の魅力です。

img_1236_s

 

貼るタイプのボディジュエリー

こちらは、シールタイプのボディジュエリーになります。

ボディジュエリーシールや3Dボディジュエルとも呼ばれています。

繰り返し貼ることができることと、自分で装着できるという手軽さもあり人気があります。

2016.06.02-116

アートは、ボディジュエリーと同様のグリッターと呼ばれるラメとラインストーンやパールストーンなどを組み合あわせて制作されます。

好きなデザインで作ってもらう、オーダーも可能なので、オリジナルアートを制作してもらう花嫁さまも多いです。

いくつかのデザインを組み合わせて、自分でコーディネイトすることもできますね。

最近はコサージュ風の物出てきており、デザインの幅が広がってきています。

2016-06-02-309

海外挙式に持参し自分で貼ったり、結婚式の前撮りと本番の2回使用もOKです。

studio-e0268

使用後は、グラスやフォトスタンドなどに貼ることもできます。

色々なパターンで楽しめるのが、貼るタイプのボディジュエリーになります。

 

吹き付けるタイプのボディジュエリー

こちらは、通常「エアブラシ」や「エアーブラシ」と呼ばれています。

施術方法は、ボディ専用の塗料を霧状に噴射する器具に入れて、身体に吹き付けてアートします。

エアブラシの特徴は、マットな仕上がりで柔らかい雰囲気のエレガントなアートを表現できるところです。

エアブラシ
出典:http://www.sumiyoshitaisha.com/

カラーを重ねたり、混ぜたりすることによって多色なカラーやグラデーションを表現することもできます。

一度アートを施すと、3日~5日前後アートを お楽しみいただくことができます。

エアブラシアートをするには、コンプレッサーという道具が必要になります。

▼コンプレッサー

肌色のインクを使うとタトゥカバーの施術をすることも可能なので、結婚式などでアートされる方も多いです。

 

まとめ

3種類のボディジュエリーを見てきましたが、いかがでしたか?

一言で「ボディジュエリー」と言っても、いろいろなアート方法があります。

”ボディジュエリー”と”ボディジュエリーシール”を組み合わせたり、”エアブラシ”と”ボディジュエリー”を組み合わせてアートすることも可能なので、ぜひ好きなデザインやアート見つけて、ボディジュエリーでおしゃれを楽しんでくださいね^^

img_5309

 

Pocket

「ボディジュエリーをお仕事にする方法」無料メール講座*デザインプレゼント付

ボディジュエリーをお仕事として始めてみたいけど、どんな風にスタートをすればよいか悩んでいませんか?

このメール講座では、

お仕事としての「ボディジュエリー」を学ぶ方法とは?

「成功するボディジュエリストってどんな人?」

本気でボディジュエリーをお仕事にしたいなら、実行してほしい2つのこと

ボディジュエリストさんの収入事情!ぶっちゃけどうなの?


など、ボディジュエリーのお仕事を始める方法と具体的に実行してほしい内容などを全10日間にわたり学べぶことができます。


受講生様には、「ボディジュエリーのデザイン」のプレゼントさせていただいております。

*こちらはダウンロード版になります。パソコン、スマートフォンからダウンロードいただき印刷をよろしくお願い致します。

是非、この機会にボディジュエリーを学んで下さい。

スマートフォン・タブレットでご覧の場合は、一番下に登録フォームがございます。
 一番下まで、スクロールをしていただき、ご登録をよろしくお願いします。

登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*