ボディジュエリーアートを長もちささる3つの方法

IMG_0192

ボディジュエリーの維持期間は、通常一週間前後と言われています。

アートのデザインや扱い方によっても異なります。

どうすれば長く楽しむことが出来るか?一緒に見ていきましょう^^

 

アートの種類と維持期間

 

固まり感のあるデザイン

アートのデザインで、グルーが付いている面積が多いものは比較的アートの維持期間が長くなります。

例えば、下記のバタフライ(ブルー系)ようなデザインのアートです。

このようなデザインの場合は、2週間から3週間アートを維持できる場合もあります。

IMG_4842

ラインや細かいデザイン

逆に、細いラインやグルーが付いている面積が少なくなるようなデザインの場合は、維持期間が短くなりやすいです。

IMG_3303

 

アートの扱い

摩擦をさける

アートは擦れるととれやすくなります。

擦れる原因としては下記が考えられます。

・アクセサリー
fbd158d7a6d6f384788543f93908a8a6_m

・ショルダーバッグ
3b8230e2ce5a69e25d03633fa9d39445_s

デコルテにボディジュエリーアートをしており、ネックレスで同じ個所が何度も擦れたり、ショルダーバッグで何度も擦れるとアートが剥がれてきてしまいます。

アート箇所が擦れてしまわないように、アクセサリーやバッグなどには気を付けてください。

 

水分につけた後の注意点

ボディジュエリーアートは、プールやお風呂に入ってとれてしまうことはありません。

4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s

しかし、水に浸けるとグルー(お肌専用のり)が浮いている状態になるので、その状態でタオルなどでこすってしまうと、アートが剥がれてしまいます。

入浴後やプールなどの後は、アートをタオルで優しく抑え拭きしてください。

しっかりと乾くまでは、擦れてしまわないように気をつけて扱ってくださいね。

 

まとめ

ボディジュエリーアートを長く楽しむのに大切なことは、

・デザインの選び方

・アクセサリーやバッグなどで擦れないようにすること

・入浴のあとのグルーが浮いている時に、擦ってしまわないこと

こちらの三点に注意をし、ボディジュエリーアートを長く楽しんでくださいね。

▼▼デザインプレゼント付の無料メール講座登録はこちらから
banner2size-2

①

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*